基本の部分

Bladeの使い方を理解しよう~繰り返しのディレクティブ~

今回は繰り返しのディレクティブの解説をしていきます。繰り返しのディレクティブも何種類も用意されています。まとめて解説していきます。

もし、Bladeの意味が分からない場合はこちらの記事を先に読んでください。

Bladeの使い方を理解しよう本記事では、LaravelのBladeの使い方を解説致します。 コントローラについて詳しく理解できていない方は下記記事を参考にして...

forについて

phpのfor文に相当するディレクティブです。

for文と同様に、()内に初期化処理、繰り返し条件、繰り返しの後処理と3つを用意します。

foreach文に相当するもの

()の中には、配列と変数を用意します。これにより、配列から値を変数へと取り出す処理を繰り返します。

foreach-else文に相当するもの

値を全て取り出しきって、取り出せなくなったとき、@emptyにある処理を実行して繰り返しを終えます。

while文に相当するもの

引数に条件を設定して、その条件がtrueの場合処理を表示します。

しかし、whileでは実行時に条件で使っている変数などの値が変化しない場合、無限ループとなるため、ディレクティブ内で何かの処理を実行する必要があります。

繰り返しディレクティブを使用する

では、viewに下記を記載してください。

これにより、$dataから順に値を取り出して$itemに代入するという繰り返しが実行されます。コントローラ側で$dataに配列を渡すようにしましょう。

では、LaravelControllerクラスの修正をしましょう。

修正したら/laravelにアクセスしてみてください。

これからLaravelを始めるならこれが最適!!


今までLaravelに関しての良書はほとんどなく、あっても内容が古かったり分かりにくいのばかりで、先駆者達は苦労したのではないでしょうか?

そんな中で発売されたこの本は、現在の日本国内にて唯一のLaravelの良書と言い切っても良いかと思います。PHP中級者以上なら苦労することなく読めるでしょう。Laravelは高機能ゆえ、全機能を説明してはいませんが、この本をとっかかりにすれば自ずとLaravelをマスターすることができると思います。